無料体験入園のお申し込み:365日24時間受付中

幼稚園の開園時間:毎週(火)・(水)・(木) 9時ー17時まで

ブログ

I pray for Jr’s soul Rest In Peace•••

とても悲しいお知らせを目にしました。

私達がトレーニングを学んだアメリカの世界的カリスマドッグトレーナー「シーザー•ミラン」(Ceser Milan)の相棒、ピットブルのJr.が亡くなったそうですえーん

 

Jr.は、シーザー•ミランの二代目の相棒でした。

初代の相棒、ダディがJr.を選んだと言われています。

初代相棒のダディは、ピットブル界のマスターヨーダのような存在で、ドッグトレーニングには必ずダディが同行し、一緒に指導を行っていました。

シーザーのPack(群れ)の統率もダディが指揮をとっていたのです。

しかし、老いていくダディ。

そこで、早めに後継犬を探そうとシーザーと子犬達を見にいきます。

複数いた子犬の中から、ダディが選んだのがJr.でした。

ホワイトソックスがかわいいですよねラブ

こうして、ダディが直接、Jr.を相棒役として育てダディ亡きあとは、シーザーの相棒としてJr.が後を引き継いだのです。

弊社ドッグトレーナーである河合伸治が、単身渡米し、シーザー•ミランの元へ学びに行った時、初めてJr.に会った際の写真です。

すでにものすごい貫禄で、小さく「ウヴーッ」と唸ったそうです。

 

「お前、俺のリード持って大丈夫なんか?とJr.から試されたのだと言っていました。

犬は人間の恐怖心や、緊張をすぐに感じとります。

まだ未熟だった弊社トレーナーをすぐに見抜いたのでしょう。

ボスであるシーザーがいれば、Jr.はとても安定していますね。

周りで人間がふざけていても、この落ち着き!

さすが!!

このJr.に憧れてお迎えしたというのが、うちのガブちゃんの元飼い主さんなのです。

(子犬期のガブちゃん)

ブルーの入った毛色と、ちょっぴりホワイトソックスが似てる?

しかし、ピットブルは力も強く大きくなります。

犬を熟知した人でなければ、飼育が難しい犬種です。

アメリカでも、ピットブルとロットワイラーは飼育放棄する人があとを断ちません。

飼いきれなくなった元飼い主さんから、直接私達の元へやってきたのがガブちゃんなのです。

 

そんななんだかご縁を感じてしまうJr.に2020年に会いに行こうと渡米計画をしていました。

コロナのために、その計画は実現することができず、本当に残念です。

会いたい人、行きたい場所、やりたいことは思い立ったら吉日で、やるべきですね…。

 

Jr.は15歳で、天寿を全うしたそうです。

今頃は、虹の橋でダディと再会してるかな!?

 

シーザー・ミランがJr.への想いを語っています。

下矢印下矢印

おすすめ記事

-ブログ
-, , ,

Copyright© 神戸 犬のしつけ教室『犬の幼稚園 ペットコミュニティハウス』神戸・西宮・芦屋 , 2022 All Rights Reserved.